富士五湖TV

富士山周辺の広域情報

忍野八海 池本
忍野八海の中心

by Fujigoko.TV

ホーム/ 掲示板各種/ 富士山周辺の広域情報

富士五湖.TVに広告を出してみませんか?

特報、連載中の葛飾北斎の視点(凱風快晴)
NHK歴史秘話ヒストリア」(2017年4月21日放送)で検証されました

掲示板&投稿集

富士五湖いろいろ掲示板
イベント掲示板
地元掲示板
口コミ掲示板

富士五湖特派員報告
富士五湖TV報告
特派員外も五湖便り
投稿画像コーナー
富士山ベストショット
ライブカメラ画像集
ライブカメラ殿堂
FujigokoTVでつぶやく

富士山ライブカメラ

山中湖高台180度
山中湖平野(望遠)
山中湖長池
忍野富士
忍野八海
忍野高台
富士山五合目(望遠)
富士吉田中曽根(望遠)
河口湖母の白滝(望遠)
河口湖船津
河口湖逆さ富士
河口湖北岸(望遠)
河口湖大石湖畔
河口湖大石高台
河口湖勝山
西湖・樹海
精進湖子抱き
本栖湖千円札
職業訓練センター(望遠)
大原学園富士宮(望遠)
富士宮市柚野
富士市茶畑(望遠)
裾野庭園鉄道(望遠)
裾野市河川敷(望遠)
小山町須走(望遠)
河口湖畔
河口湖畔道の駅
山中湖畔
明見湖(広角)
国139昭和大入口
マップ交通カメラ
アクアリウム
富士五湖YouTube


富士山周辺の広域情報





2020年6月28日20時34分


中川雄三

Profile 全投稿表示

梅雨ながら水場は大賑わい!

 先月アライグマの初出没した裏山水場のその後が気になっていましたが、ひと月振りにトレイルカメラをチェック。コロナ騒ぎで人入りの少ない今年は、梅雨入り後でも例年に無く凄く山中が賑やかな事になっていました。

 幸いなことにアライグマはその後姿を現さず代わりに同様の外来種のハクビシンが、在来のものでは仲の良いアナグマのペアや昼間のタヌキにフクロウでした。はたして梅雨明けにはどんな賑わいになる事やら。

 今のところ、水中のアズマヒキガエルのオタマジャクシは食べられずに残っています。

コメント

削除修正新規













2020年6月21日23時49分


久保覚 (富士五湖TV代表)

Profile 全投稿表示

忍野村の富士山写真コンクールの最優秀写真が合成との件

2020年の富士忍野グランプリフォトコンテスト

朝日新聞でも報じられたが、面白そうなので検証してみた。
最初に断っておきますが、コンクールと作品への批判の意図は全くありません。個人的にとても興味をひかれたということです。

------ここから
画像はJPEGという規格で作成されており、検証するには確度が低くなる。
そこで、少しでも大きな画像で検証してみる。
ちなみにここにあることを確認した。
http://www.vill.oshino.yamanashi.jp/photocon/2020031100027/files/grandprix.jpg

まず、撮影されたとされる日にち(2019年11月15日6時25分)から、
上の画像がその時の3Dシミュレーション。
月の画像は月齢判断ソフトから明合成で大きく合成してみた。

というわけで例の作品は月と富士山を個別に撮ったものだが、少なくとも月と富士山の両方ともその瞬間付近の時間を切り取っていないことは明白で出展者もカメラ内の多重露出だと明言しているのでここまでは問題ない。

1.ここで分かったこととして、シミュレーション上ではその瞬間の富士山の影と月齢は当時の状況に一致していることを確認した。ただし自然の事実は切り取っていない。
そのことは主催者も不問にしているので、同一方向、同一画角でなくてもカメラ内多重露光あるいは加工ソフトの多重露光は今後もOKということになる。

多くの検証はここまでしかされていない。
そこで、当日のライブカメラの画像を見てみる。
https://live.fujigoko.tv/?n=16
ライブカメラの場所と時間は少しズレているが、
6時30分を過ぎるまで富士山頂を撮るのは難しかったようです。ちなみにこの日、富士山の向こう側にあの作品のような雲はずっと無かったことは確認した。朝焼けになったかどうかは微妙だが25分〜40分ならかすかに赤くなったかも?
作品のような月を撮ったのは6時20分〜の西の空か?

2.つまり、朝焼けになったかは不明だが、月にかかる雲の状態から月を撮影後富士山を撮った可能性が高い。
  カメラ内合成なら、月の位置に合わせて富士山頂をセットしたということになる。

※ここまでの検証で、作品の月と雲の関係は色々言われているが、ちょうど月の前で雲が切れているか、月の露出の加減であの作品のようにはなる可能性はある。
しかし経験上、雲の画像の上に富士山の画像をカメラ内多重露光すると雲の部分は完全に消えない。撮影者はどうやったのか?

次に画像加工の痕跡を画像変換して解析してみた。
jpeg画像なので正確性はないが、

3.月の左側と下部付近に加工した痕跡らしきものがある(四角形に見える部分)。
  解析画像内に直線的な部分がある場合や周囲と境目が見える場合は、貼り付けか加工が行われている可能性がある。
  また、空の部分は富士山の部分に比べて画素が大きくなっている気がする。
4.また、富士山稜線の左側に階段状の加工跡らしき境目が見える。これは加工ソフト、またはカメラ内多重露光の「明合成」ではなく、富士山を切り抜いた場合によく見る現象。

※以上の結果から考察すると、加工ソフトを使用した可能性が高いかもしれない。


■そこで、撮影日が正しいとして、私の考えるあの作品の作り方
1.富士山が姿を現すまで薄曇りと月の風景を撮影
2.6時30〜32分、富士山手前の雲が切れたので富士山を撮影
  ただし、富士山手前の雲は富士山左稜線と山頂上空に少しかかっていたかもしれない。
  --------以下加工ソフトにて
3.雲と月の画像を撮影時の画角が違うためか少し拡大
  ここで雲の写真に月を合成の可能性もあり
4.(月と雲画を合成?したかは不明だが)月の周囲の雲を修正
5.前面に富士山の画像を(おそらく)色選択で切り抜き貼り付け、または反転削除
  富士山左稜線に残った雲の為、富士山切り抜きは完璧にできず
6.富士山稜線部分を修正し馴らし、同時に雲を微調整
7.全体の色調を赤くし、整えて完成
かな?

というわけで自分が所有している適当な画像を使用して同じ処理をして画像を作ってみた。所用時間は15分ぐらい。
使用した画像は、「雲」「月」「富士山」で切り抜き加工。
もっと上手に行うなら、加工ソフトの明合成を使用すると物体の周囲に加工跡は出にくい(いわゆるカメラ内多重露出と一緒)。

以下、自分の画像も同じ解析をした。
結果を見ると物体周囲に段々もなく仕事は私のほうが丁寧かな?
最後に、実際に1枚限りで撮影した「富士山と月」。
これも合成だと思われたら少々迷惑か……
見た目の注目点として、月は赤くならない、富士山に影はできない点です(自然の摂理)。
さて、今回の件で最も興味を引くのは多重露光の賛否。
今まで一応許されてきたのは、同一場所、同一方向への多重露光。ところが忍野村に限って言えば多重露光ならどのように処理しても良いということ。

今後は加工ソフトの切り貼りが判明した時の対処でしょう。
ちなみに私は作品としてはありだが、それはコラージュという分野だと思う。

私が今回興味を得た理由は、私が北斎研究をしているからで、まさに北斎作品は同一手法を採用している。
だからと言って作品の価値は変わらない。

要は作品が主催者の意図を満たしているのかどうかでしょう。
このままでいくと、今回はたとえ応募欄に「写真の画像の合成、または加工は不可とします」と書いてあってもその意図を多くの応募者が見逃していたという結論になる。
主催者の心を動かせば世間がどう思おうが、ルールは無くなるということでしょうか?

コメント

削除修正新規













2020年6月18日19時44分


中川雄三

Profile 全投稿表示

曲者現る!アライグマ出現

 我が家の裏山水場に、とうとう外来種で曲者のアライグマが出現してしまいました。設置したトレイルカメラの記録で発覚しました。

 身近な場所としては1980年に大学を卒業して以来40年で初の出来事です。せっかく今子育て中のフクロウの水浴びの場所だし、ムササビの水飲み場だし、今年は多くのアズマヒキガエルのオタマジャクシが孵ったと言うのに。はたしてこの先どうなる事やらです。居着かなければよいのですが…

樹洞棲のフクロウやムササビにとっては巣穴を乗っ取られるかもの、正に非常事態宣言発令です!

コメント

削除修正新規













2020年6月17日15時39分


中川雄三

Profile 全投稿表示

エナガのヒナの巣立ち

 エナガとしては本当に遅い(本来なら4月中)ヒナの巣立ちが、梅雨入りの雨の日に無事に終わりました。巣立ち間際のヒナたちが暖を取ったり安心を求めるためだろう「エナガ団子」と呼ばれる体を寄せあったヒナたちの姿を見たかったのですが、暖かな梅雨の雨には全く動じずに、姿が見えなくなる二日間の間には一度もエナガ団子になることはありませんでした。暖かく食べ物も多いのがその要因の様です。

ちなみにこのヒナは5月1日に巣作りを見つけたエナガたちのです。めでたしめでたし!

コメント

削除修正新規













2020年6月14日14時07分


富士山五合目観光協会

Profile 全投稿表示

6月15日(月) 7時から営業を再開します。

◎6月の上り営業時間 7時〜17時(下り終了時間18時)
◎入場台数を制限しています
「新型コロナウィルス感染防止対策」として台数制限を行っています。
 制限台数を超えた際は料金所通過をお待ちいただくことになります。
 ご理解、ご協力お願いいたします。
詳しくはこちらでご確認ください。
https://www.pref.yamanashi.jp/release/douroseibi/0610/200611.html

コメント

削除修正新規









 
富士山周辺特派員MENU
すべての投稿報告
広域公共情報報告(標準表示)
会員のプライベート報告
富士五湖TVから報告

<<2020年>>6月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

過去のタイトル(新着順)
*****

雨後のお客さん

新型コロナ対策

国蝶オオムラサキ参上!

水の中から見上げると・アオバトの吸水

水場の新客・ノスリ

雨中の囀り!オオルリ

薪小屋に集まる宝石!ルリボシカミキリ

長雨

雨上がりのオオルリ

リニア開業について

梅雨ながら水場は大賑わい!

忍野村の富士山写真コンクールの最優秀写真が合成との件

曲者現る!アライグマ出現

エナガのヒナの巣立ち

6月15日(月) 7時から営業を再開します。

ここ数日の温かさで今年も富士山に農鳥が出現

富士山のタイムラプス

のんびり歩くと見えてくるもの!

富士市茶畑カメラ前の葉をスッキリ

重要なお知らせ

それぞれの巣作り! エナガとクマバチ

富士山山小屋 元祖室よりお知らせ

油断大敵!

道の駅かつやまの臨時休業について

水ぬるむ!



三寒四温?

甲斐の勝山 やぶさめ祭り 中止

日差しとカラスに誘われて!

新刊発行「ふじさんのいちねん」

心不全で急遽冬眠中となり申し訳ありません!

河口湖北岸の県道工事進捗状況

冬を彩る河口湖花火の競演

河口湖 冬花火 2020

テレビ放映のお知らせ・NHKさわやか自然百景「東京 等々力渓谷」

束の間の雪景色

背戸山のカラスの塒・ねぐら

2020年元日の初日の出ライブ生中継

ベテルギウス爆発?:私たちはこの一年で星の爆発を見られるのか…

令和元年、富士山と河口湖より最後の紅葉日和

紅葉真っ盛りの河口湖を一周

四季の富士山動画 秋編

紅葉直前

令和元年10月26日の富士山

百舌鳥の高鳴き!

秋・ハスの花托に止まるのは

秋の明見湖

ハシブトガラスの羽根遊び

NHKダーウィンが来た!放送のお知らせ

過去の投稿者(新着順)
中川雄三

ビュー山中湖

流石やすし

久保覚 (富士五湖TV代表)

富士山五合目観光協会

元祖室

勝山観光協会・勝山民宿組合

風のテラスKUKUNA くくな

富士五湖情報局(富士五湖TV)

河口湖美術館

しゅうすいや・SHUSUIYA

くくな 周辺観光用

インターリゾート東屋 (天野猶治)

社会福祉法人欣寿会・特別養護老人ホーム芙蓉荘

ニューブリッヂキャンプ場

富士写真家連盟

忍野観光農園 富士忍野ベリーランド

ウッドストック

Team Let's Fuji

忍者Fujiyama富士山スペシャルタイム

河口湖・ボートハウス ハワイ

株式会社ひまわり 山中湖店

山中湖ペンション ブルーリボン

しゅんちゃんち

河口湖アートクラフトフェア

温泉民宿 丸弥荘

富士北麓ペットネットwith富士五湖

浮世絵の中の富士山

富士北麓ペットネット会員ページ

フジシロ工業(有)


 
ホーム / 掲示板各種/ 富士山周辺の広域情報
 

Copyright (C) 2001 Fujigoko.TV. All Rights Reserved.